自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

モラハラ「改善」「対処」はほぼ不可能と考える理由

モラハラ対処法に関しては、

私は完全に対処すること

(モラハラ被害に遭わなくなること)は

ほとんど不可能と考えています。

 

なぜなら、

精神医学の世界でも

「医者でも治療が難しい」と

言われており、

 

教科書にすらそれについて

言及しているものもあります。

 

 

特にモラハラ改善に

効果が見られるとすれば、

やはり自己愛性人格障害者自身が

自分の症状について

「本当の意味で」気がついた(異常だと

実感した)ときだと思っています。

 

つまり病識がでたときです。

 

 

そこがスタート地点であって、

そこに行くまでの方法論など

おそらく誰にもわからないはずです。

 

相手が自己愛性人格障害者で

あるかぎり、

モラルハラスメントが

なくなるわけではありません。

 

 

モラルハラスメントを受けても

痛みを最小限にする

方法はあるかもしれません、

そういう意味での対処はいいとして、

 

「相手のそういう特性自体を

なくす」

という対処法はおそらくありません。

 

 

たとえば

「褒め称えつづける」

「味方であることを示しつづける」

それであたかも攻撃性を削ぎ

治癒に導くなどという記載もありますが、

 

それを見た人が

単純に、

「褒めればいいんだ」

と勘違いすれば、

 

加害者に逆に「自分を馬鹿にしている」という

風にとらえかねられません。

 

もちろん、被害者は

試しはします。

なにがなんでも被害が最小限になれば

いいわけですから。

 

とにかく、

具体的な方法論を上げていて

それを理解し

被害者側が納得して対処できるなら

まだしも、

 

被害者は一般人なのですから、

相手の心の流れや

自分の心の流れを

読み、

 

状況に応じて

細かく対処していくことには

長けていません。

 

そうでなくとも、

ただでさえ精神が疲れてしまって、

思考や判断能力も低下してしまっている

場合が多いのです。

 

さらに、自分の知らないところで

自己愛性人格障害者の

ストレスがたまったりして

責任をなすりつけようとしてきたり

急に爆発することもよくあります。

 

うまい具合に毎回それを回避する、

ということは困難を極めます。

 

ただの病でさえ

治したいと思わなければ治らないのに、

誰かを攻撃することで自分が守られているなら

治す必要もないからです。

 

自己愛性人格障害者のモラルハラスメントというのは、

彼、彼女が生きるための手段ですから、

ターゲットがいる限りは

モラルハラスメント自体が惨めな自分への

薬のようなものです。