自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

他人とうまく距離感を保てない

自己愛性人格障害者は、

他人との距離を上手く保てません。

 

 

というのも、

他人と自分との境界が

曖昧な彼らは、

 

少し距離が縮まると、

とても仲良くなったような

気がしてしまい、

 

なれなれしく

プライベートに踏み込んできたり、

ずけずけと人の選択を

指図したり指摘したり、

ということが頻発します。

 

 

とここで、

大抵の人はおかしいな、

と思って

距離を離したり連絡をとらなくなったり

するのですが、

 

ターゲットになりやすい傾向の人は、

嫌われたくないという

気持ちのほうが強かったり

好意的に接してくる人を邪険に扱わない

人が多いので、

 

自己愛性人格障害のこの

「なれなれしさ」に、

 

自分が我慢すれば・・・とか

無意識に合わせていく気持ちが

強くなったりします。

 

 

自己愛性人格障害者に

違和感を感じつつ、

 

近づいてきてくれる彼らに

「嬉しさ」さえ覚えることもあります。

 

自己愛性人格障害者だと

まだ知らないときは、

特に危険性も感じず普通に好意的に接してくれる人だと

信じているからです。

 

その好意的な感情が、

ターゲットにとっては心地よかったり、

 

「自分を好きになってくれる人を

好きになる」というタイプの人は特に、

ターゲットになりやすいといえます。

 

他人とうまく距離感を保てないという

特徴があっても、

 

ターゲットによっては

「好意的に近づいてくれる」

「気さくである」という人間に

悪い人はいない、という思い込みがあると

 

自己愛性人格障害者に付けねらわれる

一つの理由になり得ます。