自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の末路

自己愛性人格障害者が、
将来ひどい人生を送るかというと、
そうでもありません。

自己愛性人格障害者は結局、
自覚する確率というのは
非常に低いので、

自覚しないということは
生涯にわたって自己愛性
人格障害者のままということです。


と、いうことは、
相手へのモラハラもずっと
続いていくということになります。


勿論、退職し仕事をしなくなっても、
自分のためには浪費しがちなのも
変わりませんし、

それまでどおりに
友達が多い少ないで
人のコミュニケーション能力を
判断することもありますし、

年金に切り替わることで
「年金が高いか低いか」で
人を評価したりするようになることも
ありますし、

自分が非難されれば
その人を悪とみなすことも
かわりません。


自己愛性人格障害者が
生きているということは、

同じターゲットと結婚生活を続けていようが
逃げられていようが、
責任転嫁をし続けて
それがうまくいって成り立ってきた
人生と言えますから、

もう高齢になったところで
今さら気づくメリットも何もない、
余計に自覚しづらいということは
あると思います。

事態が深刻なのは、
明らかに被害者側の方です。


加害者側は
生きる手段としてモラハラを
使っているだけですから、
モラハラをし続けることでの
デメリットなどどこにもないわけです。


自分はこれだけのことを
成し遂げてきた、と
それが自信のなさからくる
自分への言い聞かせでしかない、
ということに一生気づかず
(薄々認識しつつ、
まともには考えずに)に
一生を終えていきます。

もちろん、他の疾患にかかれば
また別の問題が出てくるとは思いますが、
自己愛性人格障害単独で考えると
そうなります。


被害者にとって加害者が
「地獄に落ちる」ような末路は
ないわけですが、

加害者のまま死んでいくというのが、
幸せなのかどうかというのは
被害者の考え方次第ではあります。