自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者体質と自己愛性人格障害者の成り立ち

自己愛性人格障害者の

自己愛憤怒がみられるとき、

その直前にスイッチが押された

ことになります。

 

自己愛性人格障害者は、

そういう体験を何度も繰り返します。

 

「恥をつつかれ、

自らの無力が晒される」

という再体験です。

 

明らかに悪意を持った人間から、

「お前は恥さらしだ」

「お前はまだ未熟だ」

「お前のやることは完璧じゃない、

欠けているということだ」

 

ということを何度も刷り込まれ、

それ故そういう恥を晒される

場面に敏感になります。

 

そのため、普通ではどうでもいいような

場面で危機意識を感じ、

過剰反応して危機意識を呼び起こした

ターゲットを悪人とみなし攻撃します。

 

相手が、スイッチを押すからだと

思い込みます。

 

本来、自己愛性人格障害者は

恥さらしでも惨めでもありません。

 

ところが恥さらしで惨めであるという

「洗脳」をされるがために、

心が信じこんでしまいます。

 

ここで踏ん張る力が働くと、

洗脳されつつ

ある程度自分の考える自分というものも

持っているため、

根本は自分に自信のない被害者体質が

出来上がります。

 

 

しかしあまりにも

洗脳が強すぎると、心が個人を守るために

そうじゃない、他人が悪だ、

お前ら全員が悪なんだ、

自分が正しくて世界のほうがおかしいんだと

思い込ませてしまいます。

 

劣等感か強すぎるほど、

優越感をそれと同じくらい強くしないと

人は生きてゆけない。

 

 

 

だから、

自分は惨めで支配されるだけの人間だと

思い込んでいればいるほど

自分は素晴らしい人間で

人を支配するに値するという

思い込みも強くなります。

 

その心の仕組みが

自己愛性人格障害を生み出し、

個人を本当の意味で

「惨め」で「恥さらし」にしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害者の

自覚が生まれるには、

自分自身が惨めなのでなく、

この世に恥さらしで劣った人間などおらず、

 

自分が惨めだと信じこんで

自分の惨めさを打ち消すために

他人をもっと惨めな存在に

しないと気がすまない、

 

その思考自体が自分を惨めにしている

だけなのだと気がつく必要があります。