自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自分が大好きな人種、ではない

自己愛性人格障害者の

根本は

「自分は惨め」という評価です。

 

その評価は、他人に植え付けられた

ものに近いのですが、

その評価が違うということを認識する間も

なく、

 

「自分はちっぽけ」であり、

「それは恥ずかしいほどの

ちっぽけさ」ということを

真実であるかのように植え付けられます。

 

自己愛性人格障害者は、

自分が大好きなのではなく、

その植え付けられた人格を

「違う」

「立派な人間だ」

と心が否定しているうちに、

 

その否定そのものが

人格のようになってしまって、

 

自分は無価値でいつ死んでも

誰も悲しまない人間だと

卑下しながら、

自分は唯一無二の存在であると

恥ずかしげもなく

パートナーに言ったりします。

 

自己愛性人格障害者は

他人に「お前は無価値だ」

「恥ずかしい人間だ」と騙され、

 

今度は自分の心そのものに

「違う、価値のある人間だ」

「自分ほど有能な人材はいない」と

騙され、

 

成長していくなかで

その葛藤だけが人生の中心に

なってしまい、

本当の人格というものが

育つ機会が失われてしまった存在なのです。