自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

負けず嫌いなのか

自己愛性人格障害者は、

傍目から見れば極端な

負けず嫌いに見えます。

 

しかし普通の負けず嫌いと

明らかに違うところは、

「負けたくない」のではなく、

「最初から、他人に負けていると

いう羞恥心がある」

というところです。

 

自己愛性人格障害者の成り立ちというのは

複雑で、

本来の人格はどこかへいってしまい、

「他人に負けている」という自分がいて、

「そんなわけないだろ、自分は最強だろ」と

打ち消す自分がいて、

 

自己愛性人格障害者の

本来の能力はそっちのけで

「自分は能力がない」とか「いいや自分ほど

有能な人材はいない」とか

騒ぎ立てます。

 

しかし負けそうな場面になると

「やっぱりお前は人に負けてる、っていうのが

事実」と突きつけられたような気がして、

「だから違うって、お前は有能だって」

という自分が顔を出してしまいます。

 

もちろん普通の人にも

こういう心理はよくみられますが、

自己愛性人格障害者だと

「負けは恥」と思っているレベルが違うので、

 

「いいや、自分は有能だ」と

偉ぶってしまう素振りも強く出がちです。

 

ですからその勢いで

「この私に向かって」とか

「誰に向かってそんな口をきいているんだ」とか

「身の程をわきまえろ」とか

「自分ほどの天才はいないぞ」とか

口に出して言ってしまうことがあります。

 

自分が尊大であるという口ぶりを強くするのは

どう考えてもそのほうが恥を晒してしまったり

「何様なんだ?」と誰でもその滑稽さが

わかるのでそういうことはしないですが、

 

自己防衛の場になると、なりふり構って

いられなくなるわけです。