自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

善意の強要

自己愛性人格障害者は、

善意を強要します。

 

そして、自分が善意と思うことを

自分ができるタイミングで、人に押し付けます。

 

相手にとっては善意でもなく

有難いと思えるような内容でなくても、

「あのとき、こっちはこうしてやっただろう」とか

「いつも自分は気にかけているのに」

という形で押し付け、

それに対する見返りを求めます。

 

 

しかも強要する善意というのが、

「自分の好きなものをお前が買って

準備しておくべき」とか

「夫婦なのだから助け合うべきだから、

こちらがお金で困っているときは

そちらが助けるべき、ない袖は

触れないのだから」とか、

 

しかもそれをこちらが言う前に

やるべきだ、察するべきだ、というような

無理なことを言い出します。

 

 

つまり自己愛性人格障害者の

頭の中を呼んで、

不愉快だと思うようなことは避けること、

もしそういうことが起こった場合は

不愉快な気分をすぐに打ち消すこと、

 

それらが金銭面であっても

物理的な問題、精神的な問題であっても

とにかくすぐに被害者が善意で

やるべきだ、ということを

言っているわけです。

 

だから自己愛性人格障害者の言い分は、

自分が好きなときに好きな善意を

与えるから、

 

その代わりに自分が金に困ったら

金銭面で支えるべき、

不愉快になったら即刻癒して

不愉快さを打ち消すべき、

怒りをぶつけられたらその怒りを

理解し受け入れてこの怒りを

お前が収めるべき、

移動に困ったときは移動手段として

動くべき、

 

それこそが善意、それ以外はどれだけ

努力しても善意だなんて言えない、

ということです。

 

もっと端的にいえば

「金に困ったら金を貸すのが

当たり前」

「こっちが怒り狂ったら

お前がその怒りを鎮めるべき」

 

「怒りを鎮められないなら

それはお前のせいで、

癒すつもりとか努力してるとか

関係ない、こちらを楽しませられないなら

すべて無駄」

 

ということになります。

 

形としては

「人として、恋人として、

将来を誓い合ったものとして

そんなこともできないのはおかしいよね」

というモラルハラスメントの形なのですが、

 

善意の強要をする人間は間違いなく

善意の意味が分かっていない人です。