自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

離婚という脅し

自己愛性人格障害者は、

「もう離婚だ」という脅しを

よく使います。

 

ちなみに、

被害者が別に離婚してもいい、という

スタンスでも、

「もう離婚だ」という脅しを繰り返し使います。

 

ただ、被害者が「離婚したい」という意思を

明確に伝えている場合、

自己愛性人格障害者は逆に

「絶対離婚はしない」ということを

ひたすらいい続けます。

 

離婚だ、と脅している場合も、

離婚はしない、と繰り返している場合も、

相手の思惑どおりに動きたくないだけです。

 

けれども結局、

自己愛性人格障害という特性上、

いざとなると

「なかなか離婚という選択肢はとれない」

「離婚されても離れることは許せない」

ということになります。

 

それが、

離婚届を意地でも書かなかったり、

離婚するための条件を突きつけたり、

離婚してもストーカー行為につながったり

します。

 

 

もし、離婚を言い渡されたら、

一度は離婚届を書いてもらって

おくのもひとつの手です。

 

自分で離婚だと言い放ち離婚届を

書いたはいいものの、

やっぱりやめたとか、

絶対に離婚はしないぞと言い張る

自己愛性人格障害者もいれば、

 

自分で離婚届を書いた手前、

離婚しない、離婚するなら

財産は絶対に渡さないと

言いつつ、

 

離婚届を出されては

どうしようもないと分かっている

自己愛性人格障害者もいます。

 

被害者が離婚したくない、

離婚だけはするわけにはいかないと

思って態度に出していれば、

 

自己愛性人格障害者は

好んでこの脅しを使います。

 

 

離婚するぞ、という脅しは

「離婚したいほどこっちは辛いんだぞ、

お前がこっちの言う通りに

しないからだぞ、

 

言う通りにしないお前は配偶者

失格だぞ、離婚したいと思わせるまで

追い込むほどお前はひどい存在なんだぞ」

と被害者に分からせてやりたい、

という気持ちから出てくるものですが、

 

結局それは

被害者がどういう人間であれ

そう思ってしまうのと、

被害者がどういう人間であれ

自分の鏡として見ていられる位置に

いないと気がすまないという矛盾を

抱えるのが

自己愛性人格障害です。

 

 

ですから離れたいほど憎いと言いながら、

結局自分自身がどうやっても

離れられないおかしさに

気付くことが出来ないのも仕方が

なかったりします。