自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の自己陶酔の特徴

自己愛性人格障害者が

何か批判を打ち消すために

「この自分に向かって!」とか

「何様のつもりだ」

自分の権威を示そうとしているときよりも、

 

何か自分の正当性や価値を高める

些細な出来事を肯定的に捉えて

「やっぱり、自分はみんなに好かれているんだな」

とか

「自分ほど能力のある人間はまだまだ出てきてない、

ってことだな」

 

と自分で自分に言い聞かせるように

しているときのほうが、

自己愛性人格障害者の「ナルシシズム」を

表しています。

 

他人からみてナルシストというのは、

本当に能力がある人間が「自分って能力あるね!」

と言っているような人間ではなく、

 

能力がそこまでないはずの人間が

「自分って能力あるね!」と自己を過大評価して

いるときに感じます。

 

この自己陶酔というのも、

他人からすればただ「自信過剰だな」とか

「なんでそんな発想がでてくるんだろう」とか

そういうことを考えますが、

 

きっかけがなければ自己陶酔は

出来ません。

 

そのきっかけは、

ものすごく些細なものでいいのです。

 

自己愛性人格障害者が、好きな相手に

「あなたのことが嫌いです」

「もう連絡してこないで」

 

と言われても、

「いや、本当に嫌いだったら

連絡してこないはずだ」

と考えるように、

 

自分がそう思い込みたいという

考えに、ぴったりマッチする事象が

どれだけ些細なことでも起これば、

 

その思い込みが現実なのだ、と思えるのが

自己愛性人格障害者です。

 

ですから

「能力がある」と思い込みたいとき、

「いい成績だね」といわれなくても、

 

「君には期待しているんだから」というのが

「もっと成績を上げろよ」という

意味だったとしても

「あ、やっぱり期待されるほど

優秀な人間なんだ自分」

と思い込めます。

 

自己愛性人格障害者が

自分は好きな同僚から

愛されていると思い込みたいときは、

ただその相手が土産を職場に持ってきただけで、

 

「あ、自分に食べてほしいんだな」

「直接渡すのが恥ずかしいから

みんなに土産という形にしたんだな」

と思い込めます。

 

 

自己愛性人格障害者の

自己陶酔というのは、

 

どれだけ些細なことでも

誇大な自分が現実なのだと

思うきっかけに出来てしまう、

 

そんな心理から成り立っているということです。