自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「モラハラを治してほしい」と言うことの無意味さ

自己愛性人格障害者に、

あなたのやっていることは

モラハラだから、

モラハラを治してほしい

 

と言うことは無意味です。

 

なぜなら、自己愛性人格障害者にとって

モラハラというのは、

自分の心を守るための防衛機能だからです。

 

本人がモラハラを間違いなくやっているのですが、

心の仕組み的に、心を守るための行動が

「モラハラになってしまう」

だけであって、

 

さらにそれは正当防衛だと

思っているので、

自己愛性人格障害者は

自分がやっていることがモラハラだなんて

思いもしませんし、

 

モラハラというものはもっと

おかしな人間が悪意をもって

やるものだと思っています。

 

自分の中の悪意を自覚できない

心の仕組みになっている人間にとっては

非常に難しいものです。

 

モラハラを治してほしいといわれて

治すふりはいくらでもします。

 

しかし、それをするのは

治すふりをしないと

相手が思いどおりに動かない、

と自己愛性人格障害者が

判断したときのみです。

 

そもそもモラハラ思考で考えても

「モラハラを治せ」なんていわれるのは

自分が悪者にされていて心外であるし、

 

本当の自分に言われているにしても、

「お前の心の防衛装置をはずせ」と

言っているのと同じで、

そんなことは無理なわけです。

 

適度な防衛ならば

モラハラにはならないのですが、

心が弱すぎるために

過剰に防衛しないと

社会的に殺されてしまう、

くらいの感覚でいます。

 

ストレスがかかると

その原因となっている人間が

自分に向かって銃を突きつけているような

感覚に陥る自己愛性人格障害者にとって、

 

どんな攻撃を受けても無防備でいろ、

と言っているようなものなのです。