自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

他人が褒められると、劣等感を感じる

自己愛性人格障害者は、

人にはまるで順位があるように

感じています。

 

無論、○○は何位で…

なんてことを思うわけではありませんが、

 

瞬間瞬間では、

あいつより上

あいつより優れている

自分より劣っている

 

という考えをしやすいです。

 

そのため、

自分の周りの人が自分の前で

上司から誉められたりすると、

 

「あいつより下ということか?」

と不機嫌になることもあります。

 

 

自己愛性人格障害者はとにかく、

「自分はとにかく一番下、

むしろ競う資格も価値もないくらい」

というくらいの自信のなさと、

 

その自信を打ち消すほどの

「そんなわけないだろう、

こんなに優秀で価値のある人材は

他にないくらいだ」という

思い込みのせめぎあいがあって、

 

 

普段は自分が上だと

認識できればその自信のなさは

幻想だと思うことが出来ますが、

 

「誰かが誉められる」という

現実は、

「誰かよりも下」ということであり、

それは「誰よりも価値のある人間」

という自信が思い込みであると

突きつけるようなものであり、

 

自己愛性人格障害者が

とにかく避けようとしている

「現実は、自分が

一番下なのではないか」という

考えを再び生み出す原因にも

なるわけです。

 

それに危機感を覚え、

そんな危機感を生む原因となった

上司と、誉められた同僚に

苛立ちを覚える、ということは

珍しくありません。

 

その場合、

褒めた上司や誉められた同僚を影で

非難したり、

褒めた内容が間違いであるという

印象操作をしたり、

誉められた同僚を別件で陥れたり

することもあります。