自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

罪を認めたくない

自己愛性人格障害者に限らず、

人は、自分が「悪者」になりたくない

心理が働きます。

 

普段は、

「愚か」だとか「馬鹿」だとか

「礼儀がなってない」とか

そういうところを否定されるのを

嫌いますが、

 

それよりも何よりも人は

「悪者」になることを嫌います。

 

「そのときの自分は、正しかった」

ということをどうしても主張したくなるわけです。

 

 

自己愛性人格障害者も、

自分が悪いことをしたということを

認めることはありますが、

 

「それは、致し方のないことだ」

「あまりにもストレスがたまって」

という言い訳が並んでいき、

 

最終的には

「あのとき謝ったけど

本来お前がああしなければ・・・」と

また恨みが募っていきます。

 

人は悪者にされそうなとき、

とにかく「そんなつもりはなかった」とか

「知らなかった」とか

そういう言葉を使いたがります。

 

 

普段は馬鹿だといわれれば

怒りか湧き上がるのに、

 

罪人か罪人でないか、

悪意があったかなかったかという

論点に達すると、

 

「馬鹿で、無知だったから」

「記憶になくて・・・」

「そんなこと知らなかったし」

「相手がそんな気持ちになるなんて

思わなくて、自分が浅はかだった」

 

 

と、自ら愚かであるということを

盾にして、

自分の悪意は隠そうとするわけです。

 

人はとにかく悪人になりたくはない。

 

自己愛性人格障害者は特に、

自分が悪意を持っているということを

指摘されるのを嫌います。

 

 

ですので悪意があるだろう、

ただ傷つけたいだけだろうと

自己愛性人格障害者に指摘すればするほど

否定しますし、

 

否定する気持ちがあればあるほど

「いいや、自分は正義の名のもとに

やっているのだ」

「お前こそが悪人だ」と声を荒げることになります。