自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

壮大な独り言

自己愛性人格障害者との会話を、

会話と思わないほうが

いいときがあります。

 

特に被害者にとって重要な

話であるときは、

自己愛性人格障害者にとって

思い込みたいほうに思い込む

力が働くので、

 

被害者が何をいってもどうやっても

自己愛性人格障害者の

答えが変わらなかったり、

話し合いにならないからです。

 

被害者が、

「なんでここまで話しているのに

理解できないんだ??」

「記憶が吹っ飛んでいるのか?」

「意味が理解できていないのか?」

と悩むのは、

 

自己愛性人格障害者に

期待しているからです。

 

当然、人と話しているときに

「話が通じない・・・」なんて

経験はまずないと思いますから、

 

普通、期待が云々言わなくても

「理解してくれるのが当たり前」ですが、

 

相手が自己愛性人格障害者なら、

話が重要であればあるほど

「理解しないのが当たり前」になります。

 

重要なことというのは、

必ず責任が生じてくるからです。

 

責任が生じることを

自分が引き受けたり自分が決断したりするのを

自己愛性人格障害者は非常に嫌います。

 

さらにいうと、

その重要な話し合いが

自分にとって面倒ごとだったり

自分に不利益を与えるようなものは、

 

とにかく色々理由をつけて

話し合いをしませんし、

相手の話を聞いているようで聞いていません。

 

自己愛性人格障害者は、

壮大な独り言を言っているだけです。

 

会話しているように聞こえても、

被害者の言葉がどうであれ、

自己愛性人格障害者の答えは

変わりません。

 

重要ごとほど

「自分が思いたいように」

「自分がしたいように」

するわけです。

 

会話をしている、と思ったり

なんとか話し合いをしたい、と思ったり

なんとか理解してもらえるように、

なんて考えていると、

被害者の思うとおりにいかなかったときの

疲労感は倍以上になります。

 

「話し合いはうまくいかない」、

なぜなら自己愛性人格障害者は

独り言しか出来ないからだ、

くらいに思っていないと

精神的な疲れがどんどん積み重なっていき、

 

他の対処法をしようにも

どうしようもなくなってしまいます。