自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者が似たような行動パターンをとる理由

自己愛性人格障害者は断言することが多かったり、

さも責任感が強いような、

愛があるような発言を無責任にどんどん

してくるので、

 

とても個性的に見えます。

 

しかし、自己愛性人格障害者に

「意思」というものはありません。

 

かわりに、何がそういう「自信家」のような

発言をさせるかというと、

「防衛心理」です。

 

なぜなら、

自己愛性人格障害者の「心」というのは

もうボロボロなわけです。

 

ボロボロですから、

防衛心理が働かないと

次の一撃で完全に倒れてしまいます。

 

そうなると次は社会的な死、

精神的な死が待っています。

 

「心」が何かを受け取ったりする前に、

とにかく防衛機能で責任やストレスはすべて

跳ね除けなくてはなりません。

 

ですから、

心で何かを判断する前に、

心理防衛で処理してしまいます。

 

ところが心理防衛というのは、

ここでも紹介した

「投影」とか「逃避」とか

「否認」とか「合理化」とか

そういう「種類」があって、

 

それに当てはまった防衛しかしませんから、

とんでもなく対応方法は少ないことになります。

 

 

普通は、良し悪しは別として

責任逃れにもいろんなうまい

方法があるのに、

 

そしてストレス発散にも違う方法があるのに、

 

防衛機制をフル活用した

防衛方法しか出来ないために、

多様な方法をとることができなくなります。

 

多様な考え方、がそこで既に

奪われてしまっているのです。

 

もちろん自分がいかにも立派だと思った

文言は取り入れ活用しますが、

それを態度や一貫した行動で

とることはありません。

 

精神症状が強まってくると

またその精神症状にあわせた

個々の言動が変わってきますが、

 

自己愛性人格障害者の場合は

「他人・他の世界と自分・自分の世界の

境界が曖昧」

「防衛機制で外界と接触する」

「自己愛にこだわる」

という特徴以外はまだ

精神症状が強い段階でもないので、

 

より言動の特徴が限られてくるわけです。