自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「モラハラ」を解決しようとしないこと

モラハラを解決できれば

一番いいですが、

残念ながら解決できないからこそ

モラハラということになります。

 

モラハラ思考は

自己愛性人格障害者の

無意識下で行われる自己防衛の作業であり、

 

その過程でどれだけ被害的になっても

どれだけひどい言葉を吐いても

どれだけ暴力的になっても、

 

「その残酷さ」を自覚することは

ほとんどの自己愛性人格障害者の

人生の中で一度もありません。

 

自己愛性人格障害者の

「自分と他の世界の境界の曖昧さ」

というのは感覚であり、

意識してどうにかなるものではありません。

 

そしてそれは妄想にも通じるものです。

 

つまり「自分でモラハラをしないよう努力して」と言うのは、

「自分で妄想や幻覚を出さないように努力して」

と言うのと同じなのです。

 

もっといえば性質そのものですから、

「あなたが散々罵倒されても決してキレないで」

と言っているのと同じです。

 

被害者の中には「罵倒なんかしていないのに!」

と言う人もいるかもしれません。

 

ですが、

自己愛性人格障害者にとっては間違いなく

ターゲットというのは自分を貶めようとしたり

騙そうとする悪人に一気に成り下がります。

 

なぜなら自己愛性人格障害者自身が

もともと自分に対して

「お前なんか生きている価値ないんじゃない」

という評価を下しているため、

 

そういう「生きている価値のない自分」は

自分の中に置かずに、

ターゲットの中に押しこめようとします。

 

つまりターゲット自身が

「生きている価値のない自分」を引き受けて

くれていて、

その生きている価値のない自分が

ターゲットの顔をして、

 

「押し付けたつもりだろうけど

お前(自己愛性人格障害者)の中に

まだいるよ」

ということを毎回教えてくるわけです。

 

つまり自己愛性人格障害者自身が

心の奥底の意識できない部分で

自分で自分のことを「馬鹿だねー、

やっぱり汚い自分を切り捨てられないねー、

本当に惨めなやつだね」と思えば思うほど、

 

ターゲット自身が自分に対してそう思っている、

と思い込んでしまいます。

 

そうなるともう、ひたすら

ターゲットに対して攻撃してしまいます。

 

 

もちろん、核心をつくように

「あなたはモラハラ」ですと言って

モラハラに気付いてもらおう、

モラハラさえ解決すればいいのだから、

と思ったとしても、

 

「モラハラをするような悪い人間」

と言われているのと同じですから

自己愛性人格障害者は

余計に抵抗するだけです。

 

 

自己愛性人格障害者が

自分に対してそう評価してしまうときに

起こることなのですから、

 

ターゲットが図星のことを言ったとき、

あるいは言おうとしているときに

起こることもありますが、

 

自己愛性人格障害者の生活、

仕事場面で自己愛性人格障害者が

「自分は能力が無いのかも?」

「弱いのかも?」

「責任がとれない人間かも?」

という場面に直面しそうになると必ず

 

「そうではない」

と必死に抵抗する力が働き、

それがありとあらゆる攻撃につながるので、

 

個人でモラハラを解決するとか、

あるいは自己愛性人格障害者自身に

モラハラを解決させるとか、

そういうことは不可能に近いと思います。

 

先述したように、

自己愛性人格障害者にとって

モラハラというものは思考に基づいた

行動であって、

勝手に出てくる症状のようなものと

同じですから解決できるものではないのです。

 

そして自分を守るために行うことですから、

モラハラを自覚して捨てるということは

余計に出来なくなります。

モラハラを自覚してしまえば自分を守る

術が完全ではなくなってしまうわけです。

 

ですからモラハラで困っているのは、

あくまで被害者自身でしかないのです。

 

モラハラはなくなりません。

精神的に相手にしないことは出来るようになっても、

被害者の働きかけで

モラハラ思考自体をなくすことは出来ません。

 

モラハラの解決にこだわればこだわるほど、

被害者はどんどん疲弊していくといっても

過言ではないでしょう。