自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者の特徴

自己愛性人格障害のモラハラの

被害者となる者の特徴として、

「モラル、良識、

常識、愛というものを

感覚的に重視しやすい」

ということが挙げられます。

 

大体の人間は

そういうものに重きを起きやすいので、

誰でも被害者になりえるものの、

 

被害者特性を持ち合わせている者

というのは、

 

「モラルがない」とか

「それは常識でない」、

「その行いは恥である」

と言われるような行為に対して、

 

脅迫観念にも似たような

「じゃあダメだ」

「こういう行いは確かに

間違っている」

という想いを強く抱きやすいです。

 

そしてそれらの行為が、

自分の価値を脅かすと

信じこんでいることも

多いです。

 

だからこそ、

自己愛性人格障害者に

「お前はこうしないなんて、

愛がないな」と言われれば、

 

必死に「愛をなんとかして

示さなくては」

と躍起になりますし、

 

「それはもうとんでもない

非常識的な、第三者の

迷惑になるやり方だぞ」

と言われたり思わせられることがあれば

「やっぱり大事になってしまう…。」

と何かしたくてもやめます。

 

 

自己愛性人格障害者が

どれだけ非常識な行為をしても、

「慮るのが人の情け」と言わんばかりに

自己愛性人格障害者の意図を汲もうとしますが、

 

逆に自らが少しでも

非常識な行動をすることは極端に

恐れます。

 

これは感覚的なものであって、

被害者の意識としての

「いや、自分は結構挑戦的だと思う」とか

「本来、被害者になるような人間じゃない」

とか

そういう考えは参考にはなりません。

 

自己愛性人格障害者からの被害に遭遇する

前にも、

自分で自分を責めやすかったり

自分の行動を恥ずかしいと思うような

ことが多い人は、

特に被害者になりやすく

そこから抜け出す力がなくなるといえます。

 

抜け出す力というよりは、

「結婚したら尽くすもの」とか

「普通の仲睦まじい夫婦でいたい」とか

そういう「常識的な」「規範的な」

形でないと逆に落ち着かないので、

 

その落ち着かない感覚よりも

夫婦で居続けることが限界を超えない限りは、

 

抜け出そうとまず思わないわけです。

 

同じ居場所にいるのが

もう1日も我慢ならない、

生理的に無理だというレベルに

ならないと腰をあげようとしません。

 

それまでは、

「この人の言う通り、

自分がなんとかうまく対処すれば…」とか

「この人のことは嫌いだけど

この暴言さえ治れば…」とか

とにかく「なんとかしてこの(夫婦)(上下)関係、

という形を保ちたい、

それがきっと出きるはず」

と考えます。

 

なぜなら「抜け出す自分」ということは

自分から夫婦を壊す、

あるいは上下関係から抜け出すという

ことなので、

そういう「形」から自分をはずすことを

非常に嫌います。

 

しかも、自己愛性人格障害者は

さも被害者がその関係を

壊しているかのように振る舞い、

そして壊すことで他人に大迷惑がかかるのだと

釘をさします。

 

実際夫婦関係が壊れると

大騒ぎするのは自己愛性人格障害者なので

周りが迷惑を被るのは勿論ですが、

迷惑をかけているのは

自己愛性人格障害者です。

 

ですが、

自己愛性人格障害者の言い分としては

「お前が話し合いもせずに

無断で出ていくからだ、それがなければ

自分も不平不満を言ったりしない」

というものです。

 

このとき、

被害者は意識的に

「だって話し合いにならないじゃない…。」

と思っていても、

「確かにこっちが離れなければ

こういう風にはならないだろうけど…。」

と思っていても、

 

あるいは「何いってんだこいつ、馬鹿か」

と思っていても、

 

心の感覚としては

罪悪感が強く残ります。

 

「確かに自分の責任だ」と強く思うのです。

 

被害者は非常識だとか

非道徳的だとか

無神経、無責任…。

とにかくそういうことを極端に嫌います。

 

それ自体が嫌いというより、

そういう部分が自分にあるという

事実を嫌うからです。

 

逆に言えば、

「自分に自信がないのに、

人を愛することもできず

常識的でさえないのだとしたら

一体自分は何の価値があるのか?」

とまで思っています。

 

これも感覚的なことなので、

「そんな自信のない人間ではない」

という自己評価もあまり

意味はありません。

 

恋愛体質の人のなかには

一定数、被害者特性を持つ人が

います。

 

恋愛が好きとか、

ほれっぽいとかそういうことではなく、

自分というものにあまり自信がなく、

他人を真面目に一途に愛し、

その作業に必死になることで

自分に目を向けずに済むからです。

 

自己愛性人格障害者の最も危険な部類の

被害者というのは、

 

かなり相手に依存的になり

いつまでも自己愛性人格障害者の問題を

自分の問題として引き受けたり、

あるいは自己愛性人格障害者の問題を

非難し続けることにより、

 

自分のことが見えなくなるのが

当たり前になってしまっている被害者です。

 

自己愛性人格障害者はモラハラする以上

問題だらけですから、

自己愛性人格障害者の問題をつつき続けても

いずれは意味のないことと気づきます。

 

しかし依存傾向の強い被害者だと、

長年相手の問題を挙げ続けることで

「問題のある自分」から目を背け、

自分の問題処理を放り投げてしまう

ことに慣れてしまい、

 

進む(一緒に居続ける)も地獄、

戻る(一人になる)も地獄のような

状態になってしまうのです。