自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の他人に対する評価

自己愛性人格障害者は、

基本的に他人を正しく評価出来ません。

 

自分の現実的な立ち位置も把握することは

難しいので、

他人のことは尚更分かりません。

 

自分の感情が分からないので、

他人の感情も分かりません。

 

ただ、

「自分の感情であろう」心の動きを

信じて行動に移すだけです。

 

相手のここが許せなくて怒り狂っている。

だって自分ならきちんと出来るから。

ここが間違っているから正さなくては。

だって自分は正義感が強いのだから。

 

その結果、

相手を貶める必要があるだけです。

 

自己愛性人格障害者が

「自己愛」に拘るために

なりふり構っていられないので、

 

他人を執拗に攻撃するだけです。

 

しかし被害者は、

相手の言うことが的を射ている気がします。

 

まるで本当に自分が落ちこぼれで、

なんとか自己愛性人格障害者の

合格点を貰うようにならないと

いけないような、

そんな気さえしてくる

被害者もいます。

 

自己愛性人格障害者が

被害者の欠点を見事に

突いているような気がしてくるのです。

 

もちろん、それにはカラクリがあります。

 

自己愛性人格障害者は、

「ターゲットになった相手には」

必ずそういう批判を繰り広げます。

 

それは、恋人でなくても

結婚相手でなくてもです。

 

「同じような」批判を

するわけです。

 

ところが、

被害者が誰になっても、

自己愛性人格障害者は

まるで人のつついてほしくない部分を

うまくつつくような言い方をします。

 

これは、占い師の言うことが

誰に同じことを言っても

大体当たるのと同じで、

 

人間誰しもが持っている

疑問とか、コンプレックスとか、

そこらへんをつつくと大体は

「そうだ。確かに苦手かも」

「実はこの人のいう通りだ」

と思ってしまうわけです。

 

つまり、人はつつかれたくないことは

ほとんど同じで、

どう考えても自己愛性人格障害者が

人の所業とは思えないような

ことをやってのけたり

言われてしまったりすれば、

 

誰しもひどく傷つきますし、

誰しも図星をつかれたような

気がしてくるのです。

 

占い師よりも

もっと自信満々に

断定的に言うのが自己愛性人格障害者

ですから、

余計に当たっているような

気持ちにさえなるでしょう。

 

 

しかし何度も言いますが、

自己愛性人格障害者は

「大体同じようなことを

違う人間に言って」

他人を深く傷つけます。

 

なぜ傷つくかというと、

言われたほうはそんな評価を

下されているんだ、

そこまで人間として

扱われていないんだと感じるからです。

 

自己愛性人格障害者は

確かにそう相手を扱います。

 

しかし、

それはターゲットになら

誰にたいしてもそうで、

 

別に被害者が特別に

おとしめられるような

人間性を持っているわけではない

ということです。

 

自己愛性人格障害者は

相手がどういうふうに

惨めで酷い人間で

どういうところが悪いか

執拗に説明してきますが、

 

その説明は

大体似たパターンで、

 

ただ無理やり合理化された

事象を並べ立てるだけです。

 

 

とにかく相手の人間性は本当は

見えていないのです。

 

傷つくのは人間ですから

もちろん仕方ないですが、

 

自己愛性人格障害者は

こちらの欠点をよく

理解している、

と必要以上に思わないようにしましょう。

 

誰にたいしても

最終的には

同じことを言っているだけですから。