自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

被害者は最初から愛されてはいない

自己愛性人格障害者のターゲットとして

選ばれる人間は、とかく

「脅迫に弱い」

ということがあります。

 

脅迫に強い人間などいませんが、

もっと具体的に言うならば

「言葉を真正面から捉えがちである」

ということが挙げられるでしょう。

 

相手に好きだと言われれば

その瞬間はああ、この人は自分のことを

好きなのだと信じ込み、

 

この裏切り者、お前なんか人間じゃないと言われれば

傷つきつつ、

「ここまで言われるのは

自分が本当に冷たい人間なのかも」

「自分がおかしいのかも」

とまじめに落ち込みます。

 

しかし自己愛性人格障害者は

深く考えずにそういう言葉を

発します。

 

愛しているとかいないとか、

結婚だとか離婚だとか、

 

非常に理屈っぽく、

あるいは感情豊かに

発しているようにみえて、

 

深くは考えていません。

 

「自己愛性人格障害者の都合によって」

相手は素晴らしい人間だとか

信じるに値しない卑劣な人間だとか、

 

そういう風に相手の評価をコロコロと

変えるので、

 

結局自己愛性人格障害者にとって

ターゲットとは

それらを受け止めるだけの対象であり、

 

愛しているとかいないとかは、

どちらも真実ではありません。

 

ターゲットが間違った行いをしたから、

間違っているから嫌われるわけではありません。

 

そもそも愛されていないのです。

 

しかしターゲットにとって

「そもそも愛されていない」という

認識に移るのは非常に困難です。

 

本当は愛されていて、

やはり自分が悪い行いをしたから

相手が不機嫌になっているだけなのだ、

あるいは相手がストレスが溜まり過ぎて、

爆発しているだけなのだ・・・・

 

と思い込むほうが楽でしょう。

 

そう思い込むための機会も

自己愛性人格障害者はたくさん与えてくれるでしょう。

やさしい言葉をかけたり

気遣ったり

愛をささやくことが必要であれば、

 

自己愛性人格障害者は

愛をささやきます。

 

ターゲットはそれを信じます。

苦しいけれども、

そちらのほうが楽なのです。

 

自分は本当は最初から愛されていないのだ、

という世界に飛び込めば、

そこからは戻っては来れませんから、

 

最初から自分は愛されていなかったのだ、

と気づいたほうが精神的に楽になる

段階まで追い込まれなければ、

 

解けない魔法と同じです。