自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己肯定感が低い被害者と、自己肯定感が低すぎる自己愛性人格障害者

被害者はとにかく

自己肯定感というものが低いです。

 

自我は一応成り立っていて、

自己愛性人格障害者とは異なり

自分と他人の感情の区別くらいは

つきます。

 

ただし、とにかくその自己肯定感の

低さから、

自己愛性人格障害者の

非難の言葉が、

まるで自分の核そのものをついて

いるかのように、

 

「確かに自分はそういう部分があるかも」

とすんなり受け止めます。

 

ところが、

自己愛性人格障害者も

次第に非難どころか

かなり無理やりな人格否定に移行して

きますから、

 

被害者はそこで

「あれ?おかしいな?なんで

ここまで言われないといけないんだ?」

と思いつつ、

 

「そこまで言われる権利はない」

と主張するよりも、

その理不尽な環境になんとかして

順応しようとします。

 

「自分に主張する権利なんかない」

「主張なんかしても聞いてもらえない」

「理解してもらえない」

「自分の責任だから自分で解決するべき」

「自分が正しく早く事を遂行すればきっと大丈夫」

「揉め事は迷惑がかかる」

・・・というのが、被害者の考えです。

 

結局自己愛性人格障害者は

自己肯定感が低いどころか

その自己そのものが成り立っていないわけですから、

 

未熟な防衛機制がその成り立たない

自己を必死に守るためだけに、

他者に責任を押し付け、他者を

低くみてしまいます。