自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「自分は絶対に悪くない。そうさせたあいつが悪いのだ」

自己愛性人格障害者は、

「自分が悪かった」ということを

最終的には認めません。

 

認めるのは、

途中経過のとき(自己愛性人格障害者が、

ここで謝れば相手との関係性を

継続できると思っているとき)

のみです。

 

それは、

暴言を吐こうと、

執拗に人格否定の言葉を並べようと、

暴力を振るおうと、

殺人を犯しても、

 

変わりません。

 

被害者が暴力を振るわれれば、

そうさせた被害者が悪いのです。

 

被害者が殺されれば、

殺された被害者が悪いのです。

 

そのような心理に至るのは、

自己愛性人格障害者ならば

自然なことです。

 

自分が悪いということを

認める能力はないのだから、

誰かに責任を負わせるしかありません。

 

ちょっとしたことなら

巧妙に隠すため普段は

それは表面化せず、

 

被害者は自然と

「こうさせた自分が悪いのだな」と

思いがちです。

 

それか、

「この人が悪いとか、

誰が悪いとか、もう思わないようにしよう」と

考えること自体を

放棄しがちです。

 

いつもくる自己愛性人格障害者の

怒りの波に、

いちいち気をとられていると

生きていくのに余計に

エネルギーを使うからです。

 

ところが、

殺害など取り返しのつかない状態になり

事件化してしまった場合、

それでもなお自己愛性人格障害者は、

「自分は悪くない」ということを

大げさに表現しようとします。

 

そうやって表面化したときにようやく、

周りはその異常性に気づきます。

 

「自分はどうしても殺害(暴力)に

及ぶしかなかった」

「そうさせたあいつが悪い」

という思考から

自己愛性人格障害者は

抜け出すことが出来ません。