自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

没個性的になってしまう自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者は、

集団の中にいると非常に個性的に見えますし、

被害者と一対一でいると、

より個性的に見えるでしょう。

 

時には

誰よりも口調が断定的で、

誰よりも欺瞞や嘘を許さず、

誰よりもミスに厳しく、

誰よりも愛にあふれているように

みえます。

 

ですから、

自己愛性人格障害者は

個性的、

あるいは個性が強すぎるように

感じます。

 

ところがこのサイトや他の

モラハラのサイトのコメントでも

あるように、

 

モラハラ被害に遭遇した人は、

「なぜ、自己愛性人格障害者というのは

こんなにも同じような様相をとるのか?」

ということをよく口にします。

 

自己愛性人格障害者というのは、

それだけ行動パターンが

似通ってしまうということです。

 

なぜ似通ってしまうのか?

というところですが、

 

それは、

「自我が未発達である」

ということが大きな原因となります。

 

自己愛性人格障害者の心は、

あらゆる責任やストレスに

耐えうる力がないというのは

このサイトでも記事内によく挙げています。

 

耐えうる力というのは

心が勝手に判断することで、

自己愛性人格障害者がどう判断するよりも

先に、

自己愛性人格障害者の「心」が

そのストレスを処理してしまいます。

 

そのストレスの処理方法というのが

普通だと社会的に受け入れられるような

方法がとれるのですが、

 

自己愛性人格障害者の場合、

そういう方法を知りません。

 

そこまで成熟していないからです。

 

もっと特徴的なのは成熟していないせいで、

自他の感覚の区別がつきません。

 

他人の考えていることが実は自分が考えていること、

他人の悪意だと思いこんでいることが実は

自分の悪意、

というのは自己愛性人格障害者に

特徴的なエピソードです。

 

人格障害がないと

ストレスをうまく避けたり

昇華させるバリエーションも豊富なのですが、

 

自己愛性人格障害者は

それをストレスだと感じている、

ということさえ認められないことも

ありますから

(被害的なときはストレスだ!と声を

上げますが)、

 

とにかく自己愛性人格障害者の心が

勝手に行うストレス処理、

「他人のせいにする」とか

「無理やり自分の責任ではないと合理的に考える」とか

「ものにあたる」とか

「依存物に頼る」とか

そういうことでの処理に走ってしまうわけです。

 

いつかも記事にしたとおり、

そうやって防衛機制の操り人形になってしまうことで、

 

自分の意見をころころと変えたり、

YESと言っていたことに

NOと言わなくてはならなくなったり、

行動を狭めなくてはならなくなったりします。

 

 

自分が誰よりも個性的であると

思い込んでいる自己愛性人格障害者と、

似たような心理・思考の持ち主は

本当はたくさんいて、

自ら没個性に陥ってしまっている、

ということです。