自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害と境界性人格障害の違いとは

自己愛性人格障害者よりも、

境界性人格障害という言葉のほうが

世間一般には知られているほうかも

しれません。

 

境界性人格障害、

いわゆる「ボーダー」とか「ボダ」とか

呼ばれるものですね。

 

この二つは非常に

似ている部分が多いと言われます。

 

このブログでたまに境界性人格障害に

ついても少し書くことがあるのですが、

 

自己愛性人格障害よりも

精神疾患寄りであるのが

境界性人格障害です。

 

精神疾患寄り、というのは

どういうことかというと、

自己愛性人格障害者よりも

精神症状が強いということです。

 

しかし精神疾患とまではいえない

レベル、ということになります。

 

極めて精神疾患寄りであるが、

精神疾患には分類されない。

日常生活は可能です。

妄想に支配されたような

生活にもなりませんので

生活行為自体には影響しません。

これは自己愛性人格障害と

一緒ですね。

 

そして、

対人コミュニケーションで

その精神症状が顕著に出るのも

一緒です。

 

以前、自己愛性人格障害は

モラルハラスメント思考によって

心を守っているとお伝えしました。

 

つまりモラハラ思考というのは

自己愛性人格障害者にとっての

防波堤のようなものであり、

 

未熟な防衛機制なので

社会に受け入れられないような

ストレス処理しかできず

他人を酷く傷つけますが、

自己愛性人格障害者を

守るにはうってつけの方法なのです。

 

しかし境界性人格障害者は、

これらの防衛機制すら

働きません。

 

自己愛性人格障害者の防衛機制

(モラハラ思考)は心を守るために

働くのですから、

 

境界性人格障害者の場合は、

心がもうすでに防波堤を突破されて、

精神が危機に晒された状態ということです。

 

ですから、

いちいち自分のほうが正しい偉いとか

そういう操作を心の中でする

必要すらなくなっているわけです。

 

ただ怒りと不満、破壊衝動は強く、

対人における投影も色濃くでます。

ここでも投影というのは

病的な防衛機制に近いということですね。

 

自分と他人の区別がより

つきにくく、

よりキレやすく、

怒りにまかせて衝動的に相手を

攻撃したり、

自分を攻撃したりしがちということです。

 

そこに理由など必要ありません。

 

なのでストーキングも

自己愛性人格障害者よりも

境界性人格障害者のほうが

より危険度が増しやすく

事件化しやすいといえます。