自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

どれだけ恨まれても気づかない自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者は

罪悪感もないし

共感もしません。

 

誰かに同情することもありません。

 

それゆえモラルハラスメントを

繰り返し、

人には恨まれます。

とにかく自己愛性人格障害者の被害に

遭った人は、

自己愛性人格障害者は強烈に憎みます。

 

強烈に憎みながらも

逃げられないので一緒に生活せざるを

えない人もいるでしょう。

 

信じられないほどの怒りを覚えながらも

まだ愛情を信じたいからこそ

その怒りを抑圧し、愛しているのだと

思い込みながら生活している人も

いるでしょう。

 

自己愛性人格障害者から

逃げ切った人もいるでしょう。

 

その誰もが、

自己愛性人格障害者にたいして

激しい憎悪の念を抱きます。

 

なぜここまで他人を貶められるのか?

なぜここまで非道なことが出来るのか?

 

人ではない。

そう思うのが当然でしょう。

 

しかし、それらの想いは、

自己愛性人格障害者に届くことは

一生ありません。

 

たとえば、

自己愛性人格障害者に対して

「お前なんかいらない。

地獄に落ちろ」と言ったとします。

 

普通は、それだけ恨まれているのだと

嫌でもわかります。

 

そもそもそれだけ恨まれていれば、

そんなことを言われる前から

わかるでしょう。

 

自己愛性人格障害者は、

それでも自分が恨まれていることを

理解できません。

 

どれだけ恨まれているか、も理解できません。

 

ただ自己愛性人格障害者は

自分自身が他人を恨んでいたり、

相手に映った自分自身を恨んでいるので、

 

その自分自身の恨みを

他人から自分に向けられている恨みだと感じます。

 

ですから

被害者自身の恨みも、

恨みの言葉も届かず、

なぜ恨まれているかも

わからないのです。

 

そもそも恨まれていること自体が

わかりませんから、

「なぜ」なんて考えることもありません。

 

なぜ恨まれているかわかる?

なぜ怒っているかわかる?

といえば、

「自分がいろいろ言うからだろう」と

答えることは出来ます。

 

しかしたいていは続けて

「けどそもそもお前がこっちに嫌がらせ

しなければ・・・」という答えが返って

きます。

 

つまり、

自己愛性人格障害者は自分発信で嫌がらせ

しているから恨まれる、なんて

発想はなく、

お前発信で嫌がらせしていて

それに対して自分が文句を言っているだけなのだから、

お前から恨まれる意味もわからないし

恨まれるわけがない

 

という論理でいるのです。