自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の浮気・不倫

自己愛性人格障害者に

浮気・不倫をされた場合。

 

たとえば被害者がまだ

自己愛性人格障害者を愛していたとすれば

傷つくでしょう。

 

しかし

自己愛性人格障害者の浮気というのは

自由に行われます。

 

自己愛性人格障害者がどれだけ

浮気に対して否定的だったり、

「自分は絶対に浮気をしない」

「自分はそういう意味で人を裏切った

ことはない」

と言っても、

自己愛性人格障害者は浮気をします。

 

快楽におぼれやすいからです。

 

ターゲットが浮気をしても

逃げないであろうと

思われたときには、

開示までします。

隠そうともしません。

 

そして、自己愛性人格障害者は

その浮気を自分の責任にはしません。

 

では、誰の責任か?

もちろん、魅力のない被害者のせい、

ということにするでしょう。

 

自分の理想を分かち合えないから、

ということも言うかもしれません。

 

しかし浮気というのは

それ自体は非常に「悪」とみなされやすい

行為ですから、

普通は自己愛性人格障害者は

おおっぴらにはしません。

 

ただ自己愛性人格障害者の場合、

先述したように

自分の行為は被害者に開示してもなんでも

許される(逃げない上に

相手を傷つけられる)と

判断していると、

 

自己愛性人格障害者は簡単に浮気している

ことや不倫していることを

被害者に打ち明けます。

 

その段階ではもう、

自己愛性人格障害者が

「愛」でお前にモラハラしているんだ、

という体面を保たなくても

いい段階にきていると

判断している証拠です。