自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者はターゲット(被害者)に負けることがあるのか

自己愛性人格障害者がターゲットに負けることは

基本的にありません。

折れることはあります。なぜならそのときに折れたほうが

ラクで、お得になるからです。

もちろん、心では認めていません。

自己愛性人格障害者のモラハラ思考というのは

そのとおり「心の問題」ですから、

ターゲットに対していくらペコペコ謝罪していても、

心で謝罪することはありません。

 

逆に心で全く謝罪していなくても、

涙は流せますし土下座できますし

いかにも反省しまくっている、

自分が悪いから折れた、という姿を

見せることが出来るのです。

 

被害者がそれに気づくのも、

被害に遭ってしばらく経過しているときでしょう。

 

自己愛性人格障害者が自己愛性人格障害者で

ある限りは、

「負けました」という形をとっていても、

それを心で認める日はこないということです。

 

ですからそういう意味で、

ターゲットが自己愛性人格障害者に

勝つ、ということは論理上ありえません。

 

ただ、被害者が「何をもって勝利と思えるか」が

大事だともいえます。

 

自己愛性人格障害者をこてんぱんにしたいと

考えているならば、

そのターゲットは今後非常に危険な状況に

晒されるかもしれません。

 

自己愛性人格障害者は一時的に

無敵状態になっていますから、

「コテンパン」ということもありえません。

 

同じ舞台に立って戦いたい、と

思う時点でその人は自己愛性人格障害者を

まだ理解できていません。

 

そもそも自己愛性人格障害者というのは

誰かと同じ舞台に立っているわけではありません。

あくまで、「自分の世界」でしか生きられませんし、

結局他人も「自分の鏡」でしかありませんから

社会で生きているのに一人のような状況なのです。

 

自動的に躍起になって、自動的に浮かれて、

自動的に生きていくしかありません。

 

ですからそもそも自己愛性人格障害者というのは

「人生に負けて」いるわけですから、

そんな自己愛性人格障害者と戦う必要はないのだ、

というところまで精神を持っていければ、

その被害者は洗脳から大きく解けている、

といえるでしょう。