自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者の、「自分第一主義」とは

自分第一主義というのは、

自分勝手というものではありません。

 

自分のことを大事にしてこそ

相手や周りのことを大事にできる、

というその考えそのものはとても良いことです。

 

ですから、自分第一主義というのは

元々はそこまで問題のある思考ではありません。

 

ところが、

この「自分第一主義」を扱う者によって、

その意味は全く変わってきます。

 

なぜなら、正常な精神発達を経て

自己の成熟した者が行う「自分を第一に考える」

という行為と、

 

異常な精神発達を辿って

未熟な自己像しかない者が行う「自分を第一に考える」

という行為はまったく異なります。

 

自己の成熟した者は、

節度を考えます。

バランスを考えないと、結局それは

自分を大事にすることにも繋がらないことを

本質的に理解しているので、

自分第一主義でありながら、周辺とも

うまくバランスがとれるのです。

 

基本的には自分の居心地のいい環境を作るために

自分のために奮闘するけれども、

他人に譲ることも、譲る余裕もあるわけです。

 

しかし自己愛性人格障害者の場合、そんな余裕が

ないことは容易に想像できます。

 

自己愛性人格障害者は、「自分第一主義」以外に

選択肢がないのです。

そしてその自分第一主義には「良心がない」

「罪悪感がない」ため、

反省するそぶりを見せたり他人にとにかく譲っているという

形をとりつつ、結果的に反省も出来ず他人にも譲れず、

自分のことしか考えられません。

 

自分第一主義を抱えている人間でも、

それを扱う個人によって

その意味や価値も大きく変わってしまうのです。