自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

嘘を重ねる自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者は、

自分が曲解したすべての物事を

「真実」だと思い込んでいます。

 

そしてその「自分だけの真実」をもとに

話を進めます。

自己愛性人格障害者の目に「客観性」というものは

ありません。

事実を事実として捉える能力はないといってもいいでしょう。

 

誰がみても白でも、

自己愛性人格障害者が黒だと思いたいなら黒です。

それくらい無理な嘘をいうこともありますが、

たいていは不確かなことを

「確かにこうだった!」と決め付けて言います。

 

自己愛性人格障害者は嘘をつくとき、

それが嘘だと気づけないから厄介です。

 

本当は気がついているのですが、

そこからは目をそらそうとします。

 

そして、言っている物事が嘘であるということを

後から認めることも絶対ありません。

 

「嘘をついてしまう自分」というのは

モラルに反しています。

ですからあのときあれは嘘だったんだよ、

なんていうことはありません。

(ターゲットを傷つけるためだけに、

あの謝罪は実は嘘だった、

とか格好つけるためにあのとき大丈夫だと言ったけど

実は嘘だった、なんてことを言うことはあります)。

 

自己愛性人格障害者は見たい世界だけを見て、

自分の都合のいいようにしか捉えられないので、

「そんな事実はどこにもないじゃないか」なんて言っても

「お前は話の通じないやつだな」とか

「そういうことを言っているんじゃないんだよ、

話を摩り替えるな」とか、

「揚げ足とりをするな」とか言い出したりします。

 

事実というものは大事です。

なぜなら人を責めるとき、事実に基づいて責めなくては

責められたほうはたまったものではありません。

 

自己愛性人格障害者の場合は違います。

まず、「責めたい」のです。

そのために、事実を「自分が相手を責めても

悪者にはならない」という形に曲げようとします。

それが、自己愛性人格障害者の「嘘」につながるのです。