自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

モラハラ加害者は精神崩壊の直前の状態である

自己愛性人格障害というのは

人格障害ですから、

分類としては精神障害に分類されます。

 

精神障害に分類されますから、

精神症状も出やすい状態と言う事になります。

 

精神症状ってどういうことかというと、

いわゆるモラハラというのは

精神症状の一つです。

 

他人と自分の区別がつかないというのは

精神症状の入り口ともいえます。

自分の感覚が、まるで相手の感覚のように感じる。

そんなことは普通、ありえません。

自分は自分、他人は他人です。

 

自分が頭が痛くて不愉快だといって他人も

頭が痛かったり不愉快なのでは、

なんて普通は考えません。

 

不愉快なのはその個人であって

周りが不愉快かどうかは別の話です。

不愉快だからといって八つ当たりしていれば

相手も不愉快になるでしょうが。

 

こういう精神状態というのは

自己愛性人格障害者の場合、大きく変動はしません。

 

自己愛性人格障害者というのは

それ以上ストレスを感じないようにする

モラハラ思考という能力を備えているので、

精神崩壊の直前だからこそ

その自動発動されるモラハラ思考で心を守り、

責任とか罪悪感とかそういうものを逃れるわけです。

 

ですからここから

大きく良くなることも

悪くなることも基本的に、普通に

生活していれば無いことになります。

 

モラハラ加害者はずっとモラハラ加害者のまま、

ギリギリの心を守ったまま生きていくということです。

 

精神医学の世界になってくると

こういう「自他の区別がつかない状態」というのは

他人に自分の考えが盗まれるとか

そういう明らかな妄想などの精神症状に進んでいったり

します。

 

明らかな根拠もないのに

「あいつはこっちに対して攻撃してきた!」というのは

被害妄想のもとですね。

 

つまり、自分は被害にあっていると思っておいたほうが

その人の心は守られるわけです。

被害に遭ったという名分で先に攻撃が出来ますから。

その都合のよさを保つために、

現実というのは邪魔になります。

 

現実には攻撃などされていないのですから。

 

その事実を曲げてでも被害にあっていると

考えたほうが都合がいい、

そういう精神的におかしな部分が間違いなく

自己愛性人格障害者の中にあるのです。