自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者はどんなときでも自分は優秀だと思い込める

自己愛性人格障害者は

被害者意識を持たずにはいられない

人たちです。

 

ただ、もちろん自己愛性人格障害者でない人でも

被害者意識を持つことはあります。

実際に被害を受けていれば

当然、「自分はこういう被害を被った」

という認識を持つでしょう。

 

それは、事実に基づいた

「被害者意識」だからですね。

 

ではたとえば、

自分が優秀な成果を出しているにも関わらず

上司から成績について叱責を受けたらどうでしょう。

これも、被害者意識が生まれるかもしれませんね。

 

それでは、

自分が「優秀な成果」と思っていることは

実は別に優秀でもなんでもなかったりしたら

どうでしょう。

実は周りと比べて仕事の時間もそう変わらなかったり、

ただ仕事を増やしているだけだったり、

専門用語を並べているだけで

実際が伴っていなかったら。

 

それでも場合によっては

被害者意識が生まれるかもしれませんね。

 

 

では、優秀どうのこうの以前の問題で、

仕事をほとんどしていなかったらどうでしょう。

 

・・・こういう場合でも、

自己愛性人格障害者というのは

自分が優秀だと思い込むことが出来ます。

 

自分は自分のペースで仕事を抑えているだけ。

あるいは仕事が出来る精神状態ではないだけ。

自分は優秀なのにみんながそれに気づくほどの

目がなく、埋もれているだけ。

だから仕事がないのではなく、

仕事が出来ない状態なだけだ(他人や、世間の

せいで)。

 

仕事をさぼっているとか、

仕事ができる能力がないとか、

社会での人間関係を円滑にまわすことが

できないとか、

そういった要因は自己愛性人格障害者のなかに

浮かんではきません。

 

周りの能力がなさすぎて、

周りが自分を苛立たせすぎて、

周りが自分の力がどれほど強いのかを

理解する頭がなくて、

常識やモラルがなくて、

自分が生き辛い。

自分はあくまで被害者なのだ、という形をとります。

 

年収がどれほど低くても、

どれほど人間関係をごちゃごちゃに

していても、

仕事をしている時間がどれほど短くても、

どれほど成果があげられていなくても、

自分は優秀だという認識は変わらないのです。

 

だって年収が低いのは

自分の仕事に対して正当な報酬を払わない

周りのせいですし、

人間関係がうまくいかないのは

優秀な自分をひがむ人間のせいですし、

仕事に長く時間をかけられないのは

余計な仕事を持ち込む他人のせいですし、

成果があがらないのは仕事に集中できない

悪影響を与える人間のせいですから。