自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者にとっての失敗

自己愛性人格障害者は、まず

「失敗」というものをしません。

 

もちろんそれは、

自己愛性人格障害者の内界の

話です。

 

周りから見て明らかに

失敗であると思えるようなことでも、

自己愛性人格障害者にとっては

失敗にはなりません。

 

そもそもまず、失敗しそうになるような

状況に敏感であるため、

失敗しそうな状況を出来るかぎり避けようとします。

 

行く必要がある場所に行かない、

慣れない場所には行かない、などの方法だったり

そういう状況になりそうだったら

急に忙しいような素振りを見せたり、

仕事などでイライラしている様子を見せるなどします。

 

そういう状況を作り出す相手に対しても

イライラしたりします。

 

もちろん、その尻拭いをするのは

パートナーである被害者であったり

他のターゲットだったりします。

 

もちろん、どれほど必要性のあることでも

自己愛性人格障害者にとっては

他人が持ち込んできたただの「厄介ごと」でしか

ないわけですから、

自分のわがままでその状況から逃げ出す、

といったような事実を認識することもありませんし、

「自分にはそれなりの理由がある」

ということにします。

 

どうしてもその場面を避けられないようでしたら、

自分が失敗しても相手の説明不足、

そこに連れ出してきた周りの責任、

自分にわざとこういうことをさせたがる

悪意のある人間の仕業、

ということにします。

 

とにかく自己愛性人格障害者というのは

失敗はしません。

彼らにとって失敗というのは許されないことであり、

自分は失敗するような人間ではありません。

 

もし、そんな状況がやってくるとしたら、

それに巻き込もうとした周りの悪意や

それをカバーしなかったパートナーや

ビジネスパートナーの問題なのですから。