自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自意識過剰な自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのはとにかく

「なんでもかんでも自分に関連している」

と思い込むことが得意です。

 

他人の視線がこちらを向いていると思いたければ、

ちょっと目が合っただけでも

「あの人はこちらを向いていた」と

思えますし、

それが好意を抱いている相手ならば

「自分に好意を抱いているからこちらに

視線を向けていたに違いない」、

 

敵意を向けている相手ならば

「こちらを睨み付けて

威嚇していたに違いない」、

とそういうことまで自分の都合のいいように

結びつけて考えます。

 

自己愛性人格障害者の自意識過剰というのは、

他者というものの心が読み取れないので

自分中心になりがちであるからということも

ありますが、

自分の心が危機的状況にあるため

いろんなダメージ元を察知しなくてはならず、

常に自分を害する人間はいないか?

自分を危機に晒す輩はいないか?

自分の心のダメージを回避するために

いい餌は無いか?(自己愛を満たすための)

ということを常に探しているからです。

 

ですからなんでも自分に関連づけて、

自分の心に快や不快をもたらすことになります。

 

他者がどう思っているかという

感情の変化に非常に鈍いので、

相手が辛い思いをしていると、最初は

相談に乗るフリくらいはできますが

次第に自分の話になっていき、

しまいには「こいつ、自分よりも被害者のつもりというのを

アピールしようとしている、

一番の被害者のような顔をしている、

自分のほうが苦労していて社会の被害者なのに」と

自分の苦労話や不幸話をし始めることもあります。