自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己評価が低いのに自慢する理由

自己愛性人格障害者に対して、

「なぜ心が弱く自己評価が低すぎるはずの人間が、

自慢したり自分を有能だと思いこんで

しまうのか?」

と考える人もいるかとは思います。

 

ところがこれは逆で、

「自己評価が低いのに自慢する」

のではなく、

「自己評価が低いからこそ自慢する」

という答えが正しいです。

 

つまり、自慢する人、

自慢が目立つ人というのは

自己評価が低いということになります

(無論、自慢といっても冗談で言う人もいますから

一概には言えませんが)。

 

自己評価が低いと、

ただただ自分の目にみえる

「成績」とか

「評価」とか

そういった一部分を切り取って

「こういった部分があるから、

自分は有能なんだ!」と自分で思い込み

言い聞かせる必要が出てきます。

 

その思い込みが強ければ強いほど、

自己評価が低すぎて、他に

自分を判断できるほどの材料がないと

思い込んでいる、

能力や成績などとは違う「自分自身」は

評価に値しない人間である、

と無意識のうちに判断しているということになります。

 

それは無意識に放り込まないと、

それを意識していると生きていけないくらいの

自責感、罪悪感、苦しみだということです。

 

それらを無意識に放り込み、意識下にのぼるのは

自分の有能感だったり相手の無能感だったり

他罰的な感情だったり「怒り」であったりします。