自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者がよくやる後だしじゃんけん

自己愛性人格障害者というのは

後だしじゃんけんが非常に得意です。

 

非常に得意です、というよりは

それが自然な癖になっている、

といったほうが適切でしょう。

 

後出しじゃんけんというのは、

相手がどういう手を出すのかを見てから

自分がどんな手を出すのかを決める、

ということですね。

 

なぜ後から出すのかというと、

「そんな手を使ってでも勝ちたい」

という執念があるからです。

 

自己愛性人格障害者にとっては、

勝たなくてはならないという気持ちでもあり、

自我のない自己愛性人格障害者は

相手や周りの流れを見て自分の考えを決めたり

どう発言するかを決めますから、

 

そういう自己愛性人格障害者の特性を

よくあらわしているのが後だしじゃんけんですね。

 

相手の出方がどうであれ、

自分のほうが優位に立てるように

仕向けるのです。

 

www.moraharahigai.com

上の記事では、クーラーをつけてもつけなくても

つけてもいいか聞いても聞かなくても

結局被害者の配慮が足りない、

被害者が自分勝手な人間と言う事に

されます。

 

この後だしじゃんけんというのは

自己愛性人格障害者の特徴でもありますから

治りません。

ああいえばこういう、

ああやればこう仕返してくるということですね。 

 

被害者が何とかして自己愛性人格障害者に

勝とうとしても、

自己愛性人格障害者はこれを自分の中の

構築されたシステム、くせで

やってしまいますから、

このシステムに勝つということは

なかなか難しいと考えたほうがよいでしょう。