自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

他人のミスに厳しい自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは

他人のミスに非常に厳しいですが、

自己愛性人格障害の特性を知っている人は、

自己愛性人格障害者が他人のミスに対して

騒ぐ割には他人のミスを待っていることに

気が付きます。

 

つまり、そのミスに対して

「こういう被害を受けた!」と騒ぐのは

非常に得意なのですが、

その被害の程度がかなり大きくストレスだ!

という割には、

自分ではその被害を被らないようにする

対策は立てないことのほうが多いです。

 

立てても計画性に乏しいものばかりで、

まるで本当はそのミスに対して

そこまで深い問題だとは考えていないかのような

行動さえ起こします。

 

それは、

他人のミスというのは自分がマウントをとるための

絶好の機会だからで、

怒っている割には、そのミスがないと

自分が優位に立てないので、

自分がしっかり対策をしてしまうことは

必然的に避けます。

 

「あいつはミスばっかりだ!」

と嘆きながら、その相手を

「けれども、自分は(優しいから、情けゆえに)

相手を切ることはできない」

という形でターゲットとして確保していることが

多くあり、

それはやさしさゆえではなく、

自分が優位に立つための

「ミス量産係」として(もちろん自己愛性人格障害は

無意識ですが)確保しているだけであったりします。