自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自惚れる自己愛性人格障害者

自己愛性人格障害者というのは

自惚れる天才といってもいいほど

自己陶酔が得意です。

 

自己陶酔が得意とはどういうことなのか?

というと単に自慢が多いとか

自分に酔った発言が多いとか

そういうことではありません。

 

すなわち、自己陶酔できない自分・・・

ちょっと時間にルーズとか、

お金の計算が不得意とか、

たいした成績が収められないとか、

仕事がちょっとうまくいかないとか、

 

そういう誰にでもある欠点や

自分の個性というものを

すべて排除するという意味合いになります。

 

そういう自分を除外した上での自分というものは

もちろん、

些細な欠点さえない自分ですから

=「どんなことでも出来るすばらしい自分」

ということになるわけです。

 

特徴的なのは、自分はすばらしいし、

環境や周りでさえも自分を祝福したり

自分に対して羨望のまなざしを

向けている、

という思い込みが伴うということであり、

 

「自分はこういうことが出来る、

これだけ素晴らしい人間だ」

という風に表現するに留まらず、

「あの人はああいうことを言っていた。

自分に対する賛辞だ」

「今日は虹が出ている、

自分の門出を祝福してくれているのだ」

ということを、「本気で思いこめる」能力という

ことにもなります。

 

もちろん、

これだけ聞くと何も問題ない、

むしろとてもポジティブな雰囲気を

感じることが出来そうですが、

自己愛性人格障害者の問題点は

「自分にも欠点があるという事実を

一切認められない」というところにありますから、

ちょっとでも自分の思い通りにいかない、

思っていた時間と違う、

思っていた金額と違う、

思っていたすごしかたと違う、

思っていた相手と違う、

ということになると強烈な癇癪を起こす

はめになります。