自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

「モラハラ被害者」でい続けないこと

自己愛性人格障害者のモラハラ被害に

遭った場合、

確実に精神を侵されます。

 

その期間が長ければ長いほど、

モラハラというのも激化していきますので、

被害者の心も相当堪えるのは当然のことです。

 

ただ、自己愛性人格障害者からの攻撃というのは、

「この人の言うとおりだ」

と思っていればいるほど、

ダメージというものが倍増します。

 

ですから

「なんでアナタにそんなこと言われなきゃならないの?」

「アナタの言うとおりだけど、なんで

アナタにそんな指図されなきゃいけないの?」

と思える人はターゲットにはまずなりませんし、

 

「この人の言うとおりだ」

とだけ思ってそこで止まってしまう人は

まさにモラハラ被害者にうってつけの

精神の持ち主なのです。

 

ですから、

自己愛性人格障害者のモラハラ被害者で

ありながらも、

自分自身がダメージを大きくしている

側面もあります。

 

自己愛性人格障害者というのは、

モラハラ被害者をひとくくりにしてみています。

「ターゲット」としてです。

その個人を見ているわけではありません。

 

すなわち、

自己愛性人格障害者は個人を見て

「愛しているわけではない」、という

事実も受け入れなくてはならないので、

そこには時間がかかるかもしれませんが、

 

自己愛性人格障害者のモラハラ被害から

抜け出す場合は、そこに気づくことが

まず先決になります。

 

自己愛性人格障害者の言うことは

大体誰にでも当てはまります。

そういう仕組みだからです。

 

被害者がより、

「ああ、この人の言うとおりだ」

と思ってしまうほど自分に自信がないからこそ

モラハラ被害(ダメージ)が拡大してしまうだけです。

 

「被害者は個人」であり、

ひとくくりにされていいものではありません。

ひとくくりにされてもしょうがないほど

個性がないから仕方ない、なんて

考える人もいますが、

その時点でもうそれはモラハラ被害が問題であるとか

そういう話でもなくなってきます。

 

「あなた」は「あなた」なのです。

ただのモラハラ被害者でいたくない、

自信のない自分を変えたいと思うのは

もちろん必要かもしれませんが、

それはあなた自身が思えばいいことであって、

自己愛性人格障害者が

「変われ」という権利は、いくらパートナーであっても

絶対的に「無い」ということだけは

知っておいたほうがいいでしょう。

 

でないと、いつまでも変われない自分自身を

責め続けて、

モラハラ被害から抜け出しても結局

「被害者性質」というものから抜け出せないままに

なってしまうからです。