自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

後悔するけど反省しない

自己愛性人格障害者というのは

後悔は得意ですが

反省は苦手です。

 

なぜなら反省するほどの

罪悪感を持ちませんし、

罪悪感のない反省というものは

存在しませんから

反省自体せずに同じことを何度も

繰り返してしまいます。

 

自己愛性人格障害者が後悔するときというのは

自分が損をしたときだけで、

相手を傷つけたとかそういうことで

後悔することはありません。

 

相手を傷つけた結果相手が逃げ出した、

などであれば

後悔することはあるでしょうが

結果相手が逃げ出したから

ターゲットがいなくなり困るから

後悔するだけであって相手の傷がどうとか

自分の発言がまずかったとか

そういうことを考えることはまずありません。

 

ところが自己愛性人格障害者の厄介なところというのは

そういう反省は全く出来ないのに

その場限りで「猛省している」というフリは

とてもう上手であるということです。

 

これが被害者を惑わせ、

モラルを守りたい被害者というのは

この謝罪を往々にして受け入れてしまいます。

罪悪感をとても持っていて、

ものすごく自責の念にかられていて、

もう二度とこんなことはしない、

と言う風に迫真の演技でターゲットに

訴えかけるからです。

 

そしてそれは演技とは思えないほど

真剣みを帯びています。

自己愛性人格障害者自身もそれを演技だとは

思っていませんし演技をしているつもりも

ないからです。