自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

愛を獲得するために、尽くす人たち

自己愛性人格障害者の被害者になり得る人の特徴として、

この「相手に尽くす人」

というのが挙げられます。

 

もちろん被害者になる人がすべて

こういう特性を持っているわけではないのですが、

被害者として長期間モラハラのターゲットと

なりやすいのは

こういう人たちです。

 

こういう人というのは、

特に「自分は相手に尽くす特徴がある」

「とにかく一途である」

ということを自分でも自覚しているのですが、

 

それは、尽くしたいから尽くしていると

いうよりも、

自分には尽くすこと(誰かに献身的に

何かを施すこと)が最大にして唯一の

長所であり、それ以外は何もない。

と考えているかあるいは、

自分はこれだけ施しているのだから、

相手だってこうするべき。

という相手への要求のために

尽くしてしまう、愛しすぎてしまう

人というのも中にはいるのです。

 

後者の場合は、自覚は基本的にありません。

相手を愛しているだけだ、要求なんかしていない、

と言う事になるでしょう。

それの極端な例が自己愛性人格障害者とも

いえますが。

 

そしてこのような被害者特性を持つ人は

自分はこれだけしているのにどうして

愛してくれない?

という落とし穴にはまってしまいがちです。

 

これは、

「自分はこれだけ尽くしているのに

なぜ相手は攻撃をやめてはくれないのか?」

という言葉にも置き換えられます。

 

ただ相手が好きだから尽くしたいというわけではなく、

愛を獲得するために尽くしてしまう人ほど、

誰の助言も聞き入れようとはしません。

 

自己愛性人格障害者の愛の言葉を真実だと思いたい人ほど、

思わざるを得ないほど愛に飢えている人ほど、

自分が受けている被害がモラハラということを

理解できませんししたくありません。

 

ですから、

「自分がもっと尽くせばいいのでは(愛を

獲得できるのでは)?」

という思考回路に陥りやすいのです。

 

こういう思考回路というのは、

相手が自己愛性人格障害者でなくとも、

「相手に尽くすことと

相手が自分を愛してくれるかどうかとは

別であり、

相手が尽くしてくれる人を好きにならなくては

いけないとは限らない」

という事実から逃げている事例ともいえるため、

最終的に苦しい思いをしてしまう結果を招くことにも

なります。

 

そのうち尽くすことと相手の

思い通りになることが混同していき、

その被害者というのが恋愛をするたびに

自分らしさというものを

失っていく原因にもなるのです。