自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

自己愛性人格障害者を許す必要はどこにもない

自己愛性人格障害者のやり口というのは

非常に卑劣です。

本人は卑劣どころか正義の裁きだと思っているのですが、

時には暴力も伴います。


そうさせた相手が悪い、

正義であるはずの自分にそうさせていること自体が

罪だ、と言わんばかりの暴挙に出ますが、

「自分も悪い部分があるのかも」と思う必要はありません。

 

ただ一つだけ言えるのは、

自分がいい悪いは別として、被害者は被害者としての

資質を備えていて、それが自己愛性人格障害者を

引き寄せる原因となったこと。

この性質をどうにかしなくては、

自己愛性人格障害者の押しに負けてしまい、

また同じことの繰り返しになることもあります。

 

被害者が悔いる点はそこだけで、

「自分が問題となる行動をしたのじゃないか」と

考える必要はどこにもありません。

何を考えなくてはいけないか、というのは、

相手が怒っていて、モラハラしているのは

「自分が問題となる行動をしたのじゃないか」

という思考になる、その過程・・・

そう思ってしまう、何ならそう強く思い込んでしまい、

そこから抜け出せなくなり、修正をし続けて

モラハラを受け続ける・・・

そのこと自体が問題であるといえます。

 

そもそもモラハラをする「側」も

自己防衛のためにモラハラをしているわけなので、

とにかく被害者を強烈に追い詰めます。

そのこと自体を許す必要も、

「自分のせいなのかも」と思う必要も

どこにもないのです。