自己愛性人格障害の闇。

自己愛性人格障害の闇について紐解いていくブログ

ハネムーン期、という言葉への抵抗感

ハネムーン期という言葉があります。

暴力などが一時的に落ち着いて、

優しくなったりする時期のことです。

 

これは、「身体的DV加害者」に関わらず、

自己愛性人格障害者にも同じことがいえます。

なぜなら、自己愛性人格障害者=DV加害者だからです。

 

自己愛性人格障害者は、

精神的DV。経済的DVに偏ることが多いですが、

身体的DVも行うことがあります。

 

しかしDV加害者というのはどうしても

「身体的DV」の加害者だという認識が強いので、

ハネムーン期という言葉にぴんとこない

モラハラ被害者もいるかとは思います。

 

DV加害者というのは好き好んで、虐待を面白がって

手をだすような人のことであって、

自己愛性人格障害者の場合は

「仕方なく」手を出しているわけだから

DV加害者ではない、という考え方の人もいるでしょう。

 

しかし、DVというものは

「お前が怒らせたんだ」とか

「お前がちゃんとしないからだ」という形で

起こります。

加害者もそう思っていますし、被害者もそういわれればそうなのかも、

と思うのがDVなのです。

 

しかし、やはりそれでも

モラハラはモラハラで、ハネムーン期とかいう

DVのサイクルとは違う、本来の彼はこういう人で、

ハネムーン期などではなくこれが本当の彼なのだ・・・

と考える人もいるでしょう。

それこそが、洗脳ともいえるのですが。